お得なバンクーバー留学日記~留学から現地生活さらにビザ情報も~

カテゴリ:├ELS( 2 )

ELSより冬の中高生向けのウィンターキャンプの開催です!

英語が好き!
海外で生活をしてみたい!
英語を使って他の国の友だちを作りたい!

そんな中学生・高校生のみなさん!

今年の冬、
バンクーバーで英語を学びながら他の国の友だちと交流をしてみませんか?

バンクーバー留学センターより、
ELS/Youth Program(中高生向けプログラム)
のご案内です♫

d0157906_6232866.png


《プログラム内容》
プログラムはバンクーバー・ダウンタウンにある、ELS Language Centersにて行われます。
1週間に25時間の授業を受けます。
スケジュールは、午前中に英語の授業を受け、午後は英語の授業もしくは日によってアクティビティー(校外学習)があります。
英語の勉強だけではなく、カナダの文化を学ぶ授業やバンクーバー内の観光等も含まれているので、英語と一緒に異文化を学ぶ事が出来ます!
1クラスの人数は最大15名になります。
プログラム期間中はホームステイ等での滞在が可能です。


《プログラム詳細》
・プログラム対象年令:13歳~17歳
・プログラム期間:2012年1月3日(火)~3月2日(金)
・プログラムスタート日:
2012年1月3日、9日、16日、23日、30日、2月6日、13日、21日
・お申し込み期間:2週間からお申し込み可能です。


《プログラム費用》
入学金 CAD$110
教材費 CAD$50
学費 CAD$490/週
※詳しいお見積りに関しましては、お問い合わせ下さい。


学校にはパソコンが設置されているので、
プログラム中も日本の家族にEメール等で連絡が取れるので安心です。
またこちらのプログラムは、親子/家族での参加も可能です。

バンクーバーの冬スキー/スノーボードやアイススケートを始め、
カナダの自然を満喫するのにもってこいの季節です!


ELSの中高生向け・ウインターキャンプに関する詳しいお問い合わせは、
バンクーバー留学センターまでお気軽にどうぞ!



☆☆☆関連記事☆☆☆
>>バンクーバーのELS Language Centersの国籍比率を紹介


+++++++++++
カナダ・バンクーバーのワーホリ・留学なら
バンクーバー留学センター
http://www.vc-ryugaku.com/

+++++++++++

人気ブログランキングへ
[PR]
by deowvancouver | 2011-09-15 06:29 | ├ELS | Comments(0)

バンクーバーのELS Language Centersの国籍比率を紹介

d0157906_852624.jpg

ELS Language Centersバンクーバー校の現在の最新情報をご紹介します。

色々な国籍が混ざっていると評判のELSなのですが、
ここの特徴としては、大学進学などを考えている場合にオススメプログラムが多い学校です。
一番強いのはアメリカの大学進学なのですが、もちろんカナダの大学進学にも対応しています。
バンクーバー留学センターはカナダからのアメリカ留学ビザのサポートも行っていますので遠慮なく相談して下さい)

また授業も4週間で1学期のターム制のため集中して勉強できるのと、
みんな揃って順序よく学習できるのが魅力です。

ELSには進学アドバイザーもいるので、大学進学を目指すために英語を勉強する場合は心強い学校です。

最新のELSの国籍に関しては
今月は特にサウジアラビア系が増えているみたいで、来月からはまた減ってくるとのことです。
あとは、皆さん聞いたことが無い地域ではアンドラ国からの生徒が2%いらっしゃるのも面白いです。

サウジアラビア31%
ブラジル13%
日本12%
ベネゼエラ11%
中国9%
台湾5%
メキシコ4%
韓国3%
パナマ2%
アンドラ 《フランスとスペインの間にある国》2%
スペイン1%
ドイツ1%
フランス1%
コロンビア1%
スイス1%
チリ1%
トルコ1%
ガテマラ1%


語学学校の国籍比率は毎月ドンドン変わっていくので、これは一部の参考にしかならないのですが、
バンクーバー留学センターでは常にバンクーバー現地で各学校を回り、最新の国籍比率や情報を集めておりますので、
気になる学校があれば気軽にお問い合わせしてみてください。

+++++++++++
カナダ・バンクーバーのワーホリ・留学なら日本にも支店がある
バンクーバー留学センター
http://www.vc-ryugaku.com/

+++++++++++

人気ブログランキングへ
[PR]
by deowvancouver | 2011-06-25 08:16 | ├ELS | Comments(0)